リノベーション よくある疑問・質問

  
 
 
 
 
 
 
 
 
 

リノベーションするのに適した中古物件を一緒に探してもらえませんか?

 
もちろんです。不動産を扱う物件や相場の知識+リノベーションの提案ができることがお客様に大きなメリットを生みます。
中古住宅が買えてもリフォームがいくらになるかわかりませんというのでは費用総額が把握できずやはり中古を買う気にはなれませんね。
また、リフォームの知識があっても、そもそもの不動産物件の良し悪しや適正価格などの相場観がなければいい資産価値のあるいい物件とは言えません。
両方がわかるから大きなメリットなのです。
 

リフォームとリノベーションの違いがわかりません。

 
リノベーションとはグレードの高いリフォームのように使われるなど業者によって捉え方が違う新しい言葉なのですが、私たちは明確に意味を変えて使っています。
 
リフォームは単なる外壁の塗り替えや水回りの新しい設備への交換や補修などのこと。
リノベーションはアイデアが大切です。住まい新しく綺麗にするだけでなく不動産の利用価値等を高めて総合的に生まれ変わらせることが必要です。
 
つまり、私たちは住宅の状況や家族構成、ライフスタイルなど、将来を見据えたトータルのご提案をリノベーションと呼んでいます。壁紙を新しくするのはリフォームで、壁を壊して広いリビングに改造するのがリノベーションではありません。地域をよく知るプロが将来のライフスタイルまでを考えて提案する不動産価値自体の向上です。
 

どのくらいの費用が必要ですか?

 
物件によりますし、お使いになられる方のご要望にもよります。
当方の内装プランは100万円〜500万円でできる内容でいろんな工夫をこらしています。
もちろん、費用をかければいくらでも立派なものはできますが、私たちが日頃ご提案しているのは、既存の住宅を利用してコストを抑えて必要十分以上の住まいが求められる方法です。
予定している居住年数以上に不必要な多額のお金をかけてしまってはあまり魅力的ではないようにも思えます。
つまり、中古+リノベーションの一番の魅力は住宅取得コストが大きく抑えられること、その次に、自分の好きなテイストを楽しめること。
もちろん、この場所が良いからとか、大事にしてきた家なのでとかいろんな理由はあるにしても、実際住める耐用年数を超えた過剰なお金のかけ方は無駄になるかもしれません。
まるで新築そっくりにリフォームしたけれど、お値段も新築そっくりになってしまったのでは、やはり新築にした方が良いと思いませんか?
 

住宅ローンの利用は可能ですか?

 
中古物件購入の際にセットでリノベーションを組んで、住宅ローンの利用と同じ金利で利用することが可能です。リノベーション単体の工事など詳しくはご相談ください。
 

居住中でのリノベーションは可能ですか?

 
キッチンやユニットバスの交換など大掛かりな設備の交換を伴う場合には荷物を動かしたり、大工工事が入ったり、室内には資材やホコリ、処分ゴミなどが大量にあることになるのでとても生活できる状態ではありません。工事期間中は短期お引越しいただくなどの準備が必要です。
そのため、中古住宅購入の場合はセットで工事を行い、入居前に工事を完了させるやり方が大きなメリットがあり、おすすめです。
 

中古住宅の耐久性が心配です。

 
リフォーム技術が進んでいるのでコストを気にしなければかなりのことが可能です。しかし、当時の建築基準や仕様標準などを考慮すると築25年以内のものが見つけられたらベストと思います。昭和56年6月以前の建物は旧耐震基準と言われていて、安心できる中古住宅の流通としてはかなり厳しいのが現実です。(もちろん例外となる物件もあります。)
築15年以上経過したものであれば、設備等もそれなりに陳腐化、老朽化していて、すっかり設備の入れ替えができたり、また取得コストも下がっている可能性もありますので、この辺が狙い目と思われます。
 

インスペクション(建築士等の建物検査)やかし保険の取り扱いはできますか?

 
大丈夫です。当方で仲介する物件では個人間で取引される売主、買主の安心を深めるために取引前の事前建物検査(インスペクション)+中古住宅かし保険をかけることで一層の安心をプラスするサービスを行なっております。費用は実費となり、引渡しまでの期間が必要になることがあります。そのため、これ!といった物件が決まる前に事前にご相談頂けるとスムーズです。
この検査制度は中古住宅の流通促進のために国がその整備を進めていますが、まだその過渡期の段階であり、一般的に普及しているとは言いがたい状況です。当社には検査+保険をかけた事例がいくつもありますのでご安心ください。