こだわり不動産ブログ

スタッフのときどきブログ:宇都宮エリアの不動産事情やら取引事例、お店でのあれやこれやをご紹介。

お出かけ こだわり不動産スタッフの日常 アイデアやひらめき

上海の不動産バブルはいかに②

代表の北島です。

前回の続きだがさておき、本題の不動産の話に進みましょう。

まずは友人宅のお話から。

単身転勤して5年になる吉田君の自宅はここにあります。ここに私は3泊、弟は1泊します。

宿泊した5つ星ホテルのお向かい。「イーストマンハッタン」。外国人も多く住む名前の知れた高級マンション。

35階からの眺めです。14棟くらい立ち並ぶマンション群です。最上階でホームパーティしてそうな部屋も見えるな。

奥に見える黄金の天守閣のようなのは1日目に宿泊したコートヤードマリオット。

室内はプライベート情報もあり残念ながら割愛。そこそこリフォームしてキレイにしている。

単身なのにキレイに片付いているな〜吉田君。

築15年。日本風に言うと広々リビングの2LDK 85㎡程度(中国の表記は建築面積なので100㎡程度らしい)

ちなみにバストイレはホテル風の同一ユニットタイプ。

場所は徐家匯徒歩5分。日本で言うところの渋谷とか池袋とそんな場所かなあ。

店頭掲示を見てるとスタッフが出てくる。不動産屋さんニコニコしてて怖いよ(笑)

ここの家賃が50万円〜60万円!(基本的に賃貸市場は限定的で売買が中心。外国の駐在員なんかがたまに借りる。)

売買相場は1億8千万円〜2億5千万円(と言っても土地の所有権はないので建物使用権であるのだが。)

おお〜まじか〜。一体どういうことなんだ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜。マンションの前通りには数件の不動産屋が並んでいる。

駐車場にも、高級車ばかりがずらり。マイバッハクラスのベンツやマセラティ、アウディ、BMWにポルシェほんのちょっとレクサスがあったり。吉田君の車は日本には売っていないVWの大型SUV。超ハイグレードでした。名前覚えていない。そもそも安い車は走っていない。軽自動車はない。自転車やバイクはいっぱいいるけど。

駐車場は一ヶ月4〜5万円。東京と変わんないね。

 

しかしながら、思うに、東京の9000万円の新築タワーマンションの方がどれだけグレードが高いことだろうか。

特に共有部分の整備が雑で、水が溜まったり、壁が剥がれてたり、とてもキレイとは言い難い。

日本の築15年のマンションの管理状態からは程遠い。

詳細は不明だが、聞き取り情報から推察すると15年前の新築当時はきっと3000万円前後だったと思われる。

しかし、それはもうとっくの昔。今そんな値段で上海物件が買えたら夢物語だ。とにかく全ての不動産がそんな調子。

新築マンションは郊外に離れないとないので、中古市場がメイン。

この25年間の計画的経済成長というのかインフレというのか、とどまるところを知らない中国の経済パワーの様子が容易に感じ取れる。

物価水準はコンビニに行けば日本とあまり変わらない。平均年収は3〜400万円程度らしい。

しかし、上海っ子はこんな物件を普通に買ってしまうのだ。

なぜか?

値上がりするからだ。値上がりを見越して買うし、銀行も貸してくれる。

 

そう、バブルだ。

で買ってしまった人たちは必然的にバブルの恩恵を受けている。一般市民が一夜にして普通に金持ちになる。

そして普通の人がどんどん豊かになって日本に爆買いしに来るわけだ。

一財産築いた人は1物件では飽き足らず2件目3件目。日本やアメリカや他の都市にもリゾート感覚で分散買いする。

でも、値上がりが期待できるのは中国一線都市の物件。

この波に乗らないともう上海っ子として生きていけない様子だ。

地下鉄/東昌路の夕方通勤ラッシュ。地下鉄に乗るたびに手荷物をゲートに通す検査が必要で面倒。

 

バブル崩壊を経験した日本人の私は聞いたそばから怖くてダメだ。

しかし、20年で10倍〜15倍にもなったという。10年前にバブルで加熱しすぎだからと購入を躊躇していたらどうなっただろう。結果的ではあるけれど相当な機会損失だ。

でも、止まる気配がない。モノを作ればいくらでも売れる内需マーケットがある。まだまだ発展途上でモノを持っていない層がいくらでもあって、しかも夢の大都市にどんどん集中してやって来る。

 

ここは魔界か?10年後どうなっているんだろうな。日本とこんなに近い場所だからますます中国との関わりは大きくなることだろう。日本でも普通に見かけるようになったしね。

 

この浦東エリアだって25年程前は未開の土地だったらしい。そのさらにちょっと前はみんな人民服着ていた。でも1960年〜1990年の東京や日本でも似たような様子かな。

 

このマンションのそばには見るからに立派そうな学校があった。聞けば子供に良い教育を受けさせて稼げる環境を整えることは大きな関心ごと。

そして上海の学校に行くためには上海に所有した居住地が必要。

これがまた上海に人が集まり不動産がとめどなく値上がりする理由の一つ。

上海っ子は憧れの都会人。上海っ子は上海っ子と結婚し、他の郡部出身者とは一線を引いてそうな様子。

 

 

しかし、何を見ても聞いても考えさせられることばかりです。寝不足が続くな〜。

 

とりあえず、今回はこの辺で。次回また上海視察編続く。

上海の不動産バブルはいかに①


 

ワクワクしすぎて眠れない!

こだわり不動産サービス株式会社/宇都宮
栃木県宇都宮市中戸祭1-8-15 1F TEL:028-611-3895

https://www.kodawarifudousan.com

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

-お出かけ, こだわり不動産スタッフの日常, アイデアやひらめき