リノベーション物件紹介

新築建売住宅リノベーション

宇都宮市下戸祭

まっさらな新築の建売住宅に、自分好みのテイストを加えるリノベーション。

和室に繋がるブロンズガラスドアが斬新。リビングドアは木製に交換。床は既存のフローリングのまま。

宇都宮市下戸祭

 

リノベ費用 150万円
工期 1.5ヶ月

リノベDATA

1Fを重点的に必要な箇所を予算内で

木工工事:

カーテンボックス/見せ梁 開口

塗装:

オイルステイン他

内装ドア:

木製チェッカーガラス

和室引戸:

強化ガラススチール製

壁:

珪藻土仕上げ/クロス仕上げ

天井:

クロス仕上げ

キッチン床:

磁器タイル、点検口移設

バス:

サーモスタット水栓他

照明:

ライティングダクトレール/壁付ブラケット、リビング、キッチン他増設/ダウンライト

アクセサリー:

ガラスブロック/造作棚/モザイクタイル/コンセント増設他


見せ梁と造作カーテンボックスを設置。ナチュラルでウッディなテイストに。

中古住宅のリノベーションを数多くこなしていた時期に、リーズナブルな建売物件がよく売れていました。当然なのですが、安い反面シンプルすぎて全く面白みがないのです。
そこで「あえて新築建売物件をリノベーションする」と、すごく楽しめるだろうなと思ってはいましたが、温めていたアイデアをようやく実現できました。
 
いくら建売住宅が安いといっても、そこは数千万円の買い物。あまりにシンプルな作りなので、もう少し予算をあげてハイグレードな住宅を考える方も少なくないでしょう。
でも、ちょっと待って。この方法なら自分好みのお家をセミオーダー感覚で仕上げられます。また、新築であることを逆手に、リノベーション費用も小さく抑えられるのです。
もう当初の建売のイメージは全くなくなったでしょう。


リノベーション前

閉塞感のあったキッチンは、ガラスブロックから光が入るようになりました。キッチン床はフレンチテイストのハードな素焼き風タイルを使用。
 
リノベーション前

リノベーション前

ブロンズガラス越しの和室の壁色が洒落た飲食店のようなアクセントに。
 
リノベーション前

リノベーション前

和室に繋がるブロンズガラスドアが斬新。リビングドアは木製に交換。床は既存のフローリングのままです。
 
リノベーション前

VOICE / お客様より

 
当初中古マンションを探していたのですが、思いがけず新築建売を購入することに。物件探しも含めてたくさんの相談に乗っていただきました。
正直、ここまでよくなるとは想像できなくて、とても感謝感激しています。ある程度ナチュラルなテイストでの自分の好みを伝えていましたが、あとは代表の北島さんにお任せでお願いしたところ、とってもステキに仕上げていただきました。
注文住宅ではないけれど、気に入った木製ドアを選んだり、珪藻土を塗ってみたり、ある程度自分好みにアレンジできるのはリノベーションの魅力の一つですね。
ローラアシュレイのカーテン担当の方や、友人にもすごく褒めてもらってとても気持ちが良かったです。
いい買い物をしたなと、あらためて感じています。
また、数年後ちょっとデザインに飽きてきたらまたお願いしようかなと楽しみにしています。